がん保険・医療保険・生命保険

生命保険について

生命保険は家に次いで高い買い物と言われていますが契約時には営業の方の言われるまま契約と言う方が
多いと思います。その生命保険について簡単ではありますが述べてみましたので参考にご覧ください。

保険には主契約(メイン)があります。
例えばがん保険であれば主契約(メイン)はがんの保障で特約(オプション)付加で死亡保障を付けたり
がん以外の病気の保障を付けたりする事が出来る特約(オプション)を付加出来ます。
特約はそれぞれの会社で変わります。
この特約をたくさん付加することによって保険が分かりづらい印象となってしまいますね。


保険期間
保険には終身タイプと定期タイプがあります。

終身タイプ
一生涯の保障でその分保険料も高いです。

定期タイプ
10年満期、60歳満期、65歳満期等、期限付きの保障で終身タイプより割安です。
満期が来れば保障が無くなります。

10年満期の場合は10年経過するとさらに保障は自動継続し保険料はその時点の年齢で保険料が高くなり
会社によって75歳までとか80歳まで保障とか決まってるようです。更新の場合健康告知は必要無いようです。


保険種類
主にがん保険、医療保険、生命保険をここでは説明します。

がん保険
がんと診断されると給付金等、手厚く保障されるがん保険。会社によって保障はまちまちです。
ただ古い保険だと上皮内新生物(上皮内がん)などのがんは保障されない保険もあるようです。
以前は悪性腫瘍のみの保険が主流だった為です。上皮内がんは保険に関して言えば普通の病気となるようです。

悪性と上皮内の違いは簡単に言うと腫瘍が上皮内の基底膜を超えて浸潤してるかしてないか?
浸潤していれば転移の恐れがある為、悪性腫瘍となるようです。


医療保険
普通の病気やけがで入院したり手術したりした場合の保障。
例として入院1日10、000円、手術につき1回5万円等、入院日数や手術に応じての保障という感じです。

先進医療について
先進医療特約があるようですが先進医療特約はがん保険、医療保険にも付加する事は出来る会社は多いと思います。
先進医療特約の保険料は微々たる料金が多いようです。100円するかしないか程度だろうと思います。

※ただ先進医療ってのは日本全国どこの病院でも出来る訳ではありません。
重粒子線治療とかは300万円くらいすると聞きますが。
国内数か所と治療できる病院も少ないのが現状ではないでしょうか。


生命保険
万が一死亡した場合に保障される生命保険。
この死亡保障に医療保障、がん保障等の特約を付加する保険が多いですね。

死亡保障は支払い方法がいろいろあります。
会社によって保険料は変わります。

★一生涯支払う終身払いタイプ。

★60、65,70歳払い済み等、その歳までに保険料をすべて支払うタイプ。

★いっきに払う全期前納払いタイプ。
定年退職して退職金等でお金がある方におすすめです。



生命保険は生活スタイルによって保険の選び方が変わります。
例えば、独身であれば死亡保障は葬式代程度に抑え医療保障を重視したり、
結婚して家族がいれば子供が大学を卒業までお金が掛かるため死亡保障も手厚くなります。
そういった意味で家族構成が変わったりすると保険も見直しが必要です。


最後に
生命保険申込時には健康告知があり、入院歴や持病で通院中の方は加入が難しい為、健康なうちから申込するのが良いでしょう。
そして保険会社によって保障内容は変わりますのでよく理解した上で契約しましょう。






相談窓口一覧


●生命保険(生保)

賢い保険の見直しは、ほけんのトータルプロフェッショナル

FPの保険相談、無料出張相談、生涯設計のお手伝いは保険ライフ

月間500件以上の実績★保険の無料相談!【保険相談Navi】をご入力下さい。

来店型保険ショップの検索なら『ほけんの相談Ch』

生命保険の加入や見直し相談をファイナンシャルプランナーが全国無料で診断!

・保険GATE 私の保険料高すぎ?FPの見直し

無料保険相談の【保険コネクト】

【無料】最大17社の生命保険を一括パンフレット請求!


●自動車保険(損保)

・調整中

●火災保険

火災保険の比較はこちらから






Copyright(C) アクセスネット保険!!-  All Rights Reserved